「第8回 隠岐の島 だいまんじトレイルラン」開催に当たっての注意事項

 

1.主催者の注意事項

(1)環境配慮

○参加者数は地域の特性等を踏まえ、50人程度とする。

○参加者が密集して走ることとなるスタート付近については、自然環境への影響が少ない舗装道路とする。

○大会前及び大会後に同じモニタリング地点を観察し、その結果を比較することで大会による影響を把握する。

 

(2)安全配慮

○岩場や急な下り、滑りやすい箇所には、監視員を配置する。

○競技途中で事故等の緊急事態があった場合、速やかに対応できる体制を整えておく。

○参加者に対する案内や誘導表示は、混乱を招かないよう既存の標識類と区分し、分かりやすい位置、表示内容となるよう配慮する。

○事前に歩道の安全点検等を行う。

○参加者に対して、主催者で保険に加入すること。

 

(3)その他

○悪天候などにより、自然環境の保全上又は参加者の安全確保上の懸念が生じた場合は、速やかに中止等の判断ができるよう意思決定の体制を整えておく。

○参加者、応援者に、大会運営上の自然環境及び安全への配慮事項を周知し、徹底させる。

○大会実行関係者等は、腕章等により身分を明らかにしておく。

○参加者には、ゼッケン等身分を明らかにするものを着用させる。

○国立公園内外の主要な利用拠点、登山口等において大会の開催日時、コース区間、誘導標の設置状況及び一般利用者に注意してもらいたい事項等を記載し、可能な限り大会開催の周知を行う。

○大会の開催を周知するものについては、主催者の連絡先(問合せ先)を記載しておく。

○主催者及び参加者の責任(事故発生時、他者への損害発生時等)の範囲を明確化しておく。

○事前調査を実施し、予め収集した大会の開催運営に必要な情報を基に、コース設定に当たる。

○参加者、応援者を含む大会関係者に、トイレは所定の場所で済ませることを周知する。

 

2.参加者の注意事項

(1)全般

○登山者等の一般利用者を尊重し、レース中においても配慮を心掛けること。

○登山者等とすれ違ったり、追い抜いたりする場合は、「こんにちは」等の挨拶や、丁寧な声掛けを行うこと。

○大会主催者の指示に従うこと。

 

(2)環境配慮

○設定されたコース以外は走行しないこと。

○トイレはできる限り所定の場所で済ませること。

○ゴミは持ち帰るか、所定の場所に捨てること。

○動植物や石等を採ったり、持ち帰らないこと。

○石ころを蹴落とさないこと。

 

(3)安全配慮

○登山者等とすれ違う場合は、登山者等を優先させること。

○集団走行、並列走行は行わないこと。

○岩場や急な下り、滑りやすい箇所、木製の階段等は慎重に行くこと。

○登山道は人が一人通れるぐらいの道である。追い抜きの際には、10mぐらい後ろから声をかけて追い抜くこと。

○上り優先。下りの方は道を譲ること。

○車道区間において歩道のある所は、歩道を走ること。(歩行者等の妨げにならない様にする。)

○林道区間では内回りせずに、左端を走ること。

 

(4)その他

○ゼッケン等を身に着けておくこと。

 

3.応援者の注意事項

(1)全般

○主催者が設けたルールを遵守すること。

○登山者等の一般利用者を尊重し、レース中においても配慮を心掛けること。

 

(2)環境配慮

○歩道や園地など整備された場所以外に立ち入らないこと。特に自然植生のある場所に踏み込まないこと。

○トイレは所定の場所で済ませること。

○ゴミは持ち帰るか、所定の場所に捨てること。

○動植物や石等を採ったり、持ち帰らないこと。